ロングビーチに保存されているクイーン・メリー

1979年制作のタイタニック・TVムービー,「失われた航海」は,一部このクイーン・メリー号を使って撮影されています。
現存する船の中で,タイタニックの時代に一番近い雰囲気を味わえる船であることは間違いないでしょう。

かつて北大西洋航路のスターであり,今は博物館兼ホテルになっているこのクイーン・メリー号に,1995年7月,3泊した時に撮影したものです。

bm1

画像をクリックすると大きな画像が出ます   アメリカ・カリフォルニア州
ロングビーチで静かに余生を送る
クイーン・メリー号。
80,774総トン,全長310メートル
の巨体はさすがに堂々たる風格
です。

船のまわりの石積の防波堤(?)が
目障りですが,ひょっとするとかつて,
ボートで近づいて悪さをする輩でも
いたのでしょうか。

 

ボート甲板前端から見た船首方向。
この年は第2次大戦終結50周年ということで,
船首部分だけ戦時中のグレー塗装に変えて
ありました。(戦時中の姿を The Gray Ghost と
呼ぶそうです。) 
手前のメイン甲板上に置いてあるのは,
対空機関砲です。
 

 

  1等ダイニングルーム。
3層吹き抜けは,船の中と思えない天井の高さです。
1930年代,あの映画タイタニックのようなディナー光景が,
毎夜ここで繰り広げられていたのでしょう。
この時は使われていない日だったので殺風景ですが,
日曜日には昼食会が催されていました。

 

救命ボート。定員は145人。
毎日数回,横まで下ろして見せてくれるのですが,
スイッチ一つで自動的に滑り降りていく様子は,
タイタニックでマードック航海士やライトラー航海士が,
「前待て,後だけ降ろせ」などと前後のバランスをとり
ながら奮闘していた姿と比べると,その後の進歩を
見る思いです。
 

 

  船内のホテル客室。
かつての1等船室がホテルに
使われています。

 

上の写真と同じ部屋です。

部屋によっては内装が近代化
されているキャビンもあります。
また,部屋の形も様々あるよう
で、船内の構造から来る制約を,
工夫しながら部屋が配置されて
いる様子がおもしろく感じられま
した。

もちろん,もっと上のグレードの
スウィートなどの部屋もあります。

 
          
 実はいろいろな部屋を体験してみたくて(海側と岸壁側や部屋の形など),
同グレードながら3泊とも部屋を換えてもらったのです。(ホテルには,お手数
だったと思いますが。)
 それからお風呂には,水と湯の蛇口が4つもあるのです。
(水と湯それぞれに真水と塩水が・・・。 実際に今も塩水が使われている
かどうかは,確かめるのを忘れてしまったのですが・・・)
 

 

機関室。
巡回路が整備されて,エンジンの間を見て歩けるのですが,
ギヤード・タービンや復水器がぎっしりと詰まっている感じです。
手前の赤いのは,ギヤード・タービンを構成する4つのタービンの
一つ(第2中圧タービン)が保温材をはずされた状態。

 この時は 「豪華客船スピード競争の物語」 の翻訳作業に取り
組んでいる最中で,原書 「Power of the Great Liners」 の,
クイーン・メリー号のエンジン配置の図を片手に,この機関室の
中を歩き回ったのでした。

 

 

    港の対岸は,このように気持ちの
よい散歩コースになっていて,
クイーン・メリー号の全景を
眺めるには絶好の場所です。
        
ロングビーチへは,LAX (ロサンゼルス国際空港)から,郊外バスで1時間半ほどです。
ロングビーチ市内循環バスに乗り換えて10分ほどで,船のすぐ前まで行けます。(というか1995年には行けました。)
(乗換えが少しわかりにくかったのですが)
 

   

クイーン・メリー号の往年の様子と主要データ
については,
【客船の発達】のページ
ご参照ください。

to THE RMS QUEEN MARY (OFFICIAL WEB SITE)
現在のクイーン・メリー号の
公式ホームページ



【次のページ】へ

【トップページ】へ

【このページの一番上】へ