翻訳書           

豪華客船スピード競争の物語

amazon

   
タイタニックが就航した北大西洋航路150年間の客船史を,エンジン技術を主軸に置き,同時に英国人著者ならではの目から見た客船のエピソードを織り交ぜながら,物語風にたどっています。
 
     
           
カンパニア号(1893年,第5章より  

 

                     

第1章 外輪蒸気船 (1830年代末〜1860年代)
   グレート・ウェスタンブリタニア級/アトランティック級(コリンズ・ライン)/スコウシア

第2章 スクリュー推進の導入 (1840年代〜1860年代)
   
グレート・ブリテン/シティ・オブ・グラスゴー/チャイナ/アンデス/インディア 他

第3章 連成機関 (1870年代〜1880年代初)
   
モンタナ級/オーシアニック級/ジャーマニック級/アリゾナ/ガリア/サービア/
    シティ・オブ・ローム/エルベ 他

第4章 グレイハウンド(快速船)と2軸船 (1880年代)
   
オレゴン/アンブリア級シティ・オブ・ニューヨーク級

第5章 より大きく,より良く,より速く (1890年代)
   
テュートニック級/ノルマニア/カンパニア級カイザー・ビルヘルム・デア・グローセ
    ドイッチュラント 他

第6章 タービン動力の出現 (主に1900年代)
   
オーシアニック/ホワイトスター・ラインのビッグ4/ビクトリアン級/ルシタニア級
    カロニアとカーマニア/アキタニア

第7章 巨船時代の到来 (主に1910年代)
   
ローレンティックとメガンティック/オリンピックタイタニックインペラトールファーターラント
    マジェスティック 他

第8章 油焚きとギヤード・タービン (1920年代)
   
ダッチェス級/イル・ド・フランスブレーメンオイローパ

第9章 船は国家の誇り (1930年代)
   エンプレス・オブ・ブリテンレックスコンテ・ディ・サボイアノルマンディー
   クイーン・メリークイーン・エリザベス/ニュー・アムステルダム/アメリカ 他

第10章 ディーゼル船の台頭 (主に1920年代〜1930年代)
   
セランディア級/グリプスホルム/サターニア/ミルウォーキー級/ブリタニック級

第11章 戦後の復興 (1940年代〜1950年代)
   
カロニア/フィン・スタビライザー/ユナイテッド・ステーツ

第12章 ひとつの時代の終わり (1960年代〜1980年代)
   
ロッテルダム/フランス/ミケランジェロとラファエロ/クイーン・エリザベス2

解説 蒸気機関の釣り合わせ/タービン/ディーゼルエンジン
北大西洋航路主要客船一覧表(建造年次順)
北大西洋ブルーリボンの記録(東航記録と西航記録)

     

              
  ブレーメン号のギヤード・タービン(第8章より)
   
   
        
クイーン・メリーとクイーン・エリザベスのエンジン・レイアウト比較 (第9章より  
         
     

 


        
【もとのページ】へ

【このページの一番上】へ