映画の感想

映画の評価が、あなたの評価と違ってたら、ゴメンナサイ。

多少のネタバレを含んでます。見てない方は、ご注意を!

HOME

題名&評価

感想

ホビット

初日に行ってきました。3D吹き替え版を鑑賞。
声優陣は違和感なく合格。

フロドでてました。10年前と変わってない〜なんかうれしい(^−^)
ロード〜は、旅の仲間がエルフ・ドワーフ・ホビット・・・とキャラがたってましたが、今回はビルボとガンダルフ以外ドワーフばかり。
ちょっと物足りない感。

CGは見ごたえあり。もうなんでもできますね。
戦闘シーン、スピード早くて目が疲れました。3Dのせいかも(^_^;)

ゴラムのシーン、多かったです。ちょっとかわいかった。

ドワーフのトーリン、めちゃイケメンでした。
ちなみに吹き替え声優はプリズンブレイクのマイケルの中の人。

あと、キーリとフィーリもイケメンでした。
やっぱ、美形キャラが出てないとね(ここ重要)
バイオハザード5

初日に行ってきました。
映画館、けっこう混雑してました。やっぱりバイオ〜人気ですね。

前作が、序章〜って感じで、ちょっと物足りなかったので期待して見に行きました。
が・・
今作も世界観が狭くて、やっぱりちょっと物足りない感。

映像的には、よかったです。
アクションシーンも見ごたえあり!
アリス、相変わらずカッコいいです(^−^)

今回初登場のエイダも美人だし、格闘シーンもよかったです。
レオンが思ったよりゲーム6と同じオッサンで、ちょっと萎えましたが。
でも、シブかっこよかったのでありか・・

相変わらずアリスのセミヌードありです。
お約束ですね(笑)

何カ所かびっくりするシーンあり。
心臓に悪い(^_^;)

ストーリーは、いろいろ突っ込みどころもありましたが(^_^;)
一緒に行った連れは、ゲームファンなので
ちょっと怒ってましたが(笑)

結局完結せずに次回に続きます。
たぶん、次あたりで完結かなぁ・・

エンドクレジット後にオマケ映像はないです。
中島美嘉、いいのか?あれで・・
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

初日に行ってきました。
映画館、混雑してました。やっぱり踊る〜大人気ですね。
ファイナル!ってのがきいてるのかも。

TVシリーズから15年ですか。
みんな年取りましたね(^_^;)

脇キャラがいい味出してました。
っていうか、

小泉孝太郎と小栗旬、かっこよかったです(^−^)
いい目の保養になりました(笑)

内容は・・・

相変わらずの展開でした。
今までの映画やテレビシリーズが好きな人は、はまるでしょう。

犯人役の俳優、誰か知らずに見たのでちょっと驚きましたが。
っていうか
ネットでもいろいろ言われてますが(^_^;)

これでホントに最後なんですかね。
だとしたらさびしい〜

最後とか言いつつ、続編希望!
アベンジャーズ

3D日本語吹き替え版を鑑賞。

むちゃくちゃおもしろかったです!!
見に行く前に、
「アイアンマン1,2」「キャプテンアメリカ」「マイティソー」「インクレディブルハルク」
を見ておくと、より一層楽しめます(^−^)

アメコミ好きの連れに誘われて、とりあえず行きましたが、
おもしろいのなんのって。

映像、見ごたえありです。
ストーリー、よくできてます。
各キャラが上手に描かれてます。

どうせアメコミでしょ?
とか思ってる人、見に行った方がいいですよ。
ホントおすすめです。

吹き替えで見ましたが、
竹中直人、米倉涼子、宮迫が声優で出てました。
賛否分かれるでしょうが、
吹き替えの方が、映像に集中できるのでイイ。

私的に、「ソー」かっこよかったです(^−^)

アメイジング・スパイダーマン

先行上映行ってきました(^−^)
3D吹き替えを鑑賞。

前シリーズのピーターと違って、今回のピーターはイケメンでした。
背高いし、小顔だし、まぁ、顔の好みは分かれるところでしょうが・・

ストーリーも一新というか、新しく作り直して最初から。
演出・映像等こってました。さすが。
3Dなだけあって、ビルからビルへ〜のシーンは見ごたえあり。

ストーリーは、前シリーズと若干違ってましたね、やっぱり。
途中、某シーンでちょっとウルッときました。

ただ・・
メイおばさん、前の人の方がよかったなぁ。
今回の人はなんだか気が強そうなところがちょっと・・(^_^;)

ヒロインはMJからグウェンに。
ネットでの評価は高評価が多いので、あれでいいのかも。
ピーターの親友ポジションがいないのが残念。

両親の謎、次回作で描かれるんですかね?
そこは前シリーズになかったので期待大。

エンドロール途中、少しオマケ映像あり。
席を立つのはちょっと待ってね。
メン・イン・ブラック3

「メン・イン・ブラック3」の映画行ってきました。
3D字幕・3D吹き替え・2D字幕・2D吹き替え・・4パターンのうち
3D吹き替えを鑑賞。

トミーリー・ジョーンズの吹き替えは、
DVDの声優さんから
コーヒーのCMの宇宙人ジョーンズさんの声優さんに変わってました。
ウィル・スミスの吹き替えは、DVDと同じ人。

いやあ、やっぱりMIBは吹き替えですね。
(字幕派の人ごめんなさい)

ウィル・スミス演じるエージェントJが40年前にタイムスリップして、
若いエージェントKに出会うんですが・・

一瞬、トミーリー・ジョーンズが特殊メイクかCGでああなってるのかと思いました。
(ベンジャミンバトンのブラピみたいに)

そしたら、似た俳優さんなんですね、すごいわ〜。
ホントに若いころのトミーリー・ジョーンズって感じでした。

内容の方は、
まぁ、アクション・ストーリー・演出等賛否分かれるでしょうが・・
私は気にいりました。
基本的にMIBの世界観好きだしね。

ただのドタバタSFコメディと思うなかれ。
今回のラストは見せてくれます。

ああくるとは思わなかった・・・
これで1へとつながるんですね。

迷ってる人、ぜひ映画館へ。

エンディング後に流れたスパイダーマンの特典映像も見ごたえありました(^−^)
SPEC〜天〜

ネットで他の人の評価を見ると、
結構低い点をつけてる人もいましたが・・

おもしろかったです!
連ドラを好きだった人は、はまると思います。

ストーリーもなかなかよかったです。
謎が残ったので、できれば続編を作ってほしいです。

瀬文さん、なんだかどんどんはじけてってる気が・・(^_^;)
当麻、相変わらずのキャラでよかったです。
一十一、ダークでよかったです。

伊藤淳史と浅野ゆう子が出てましたが、
二人ともSPECがね・・・(^_^;)
ありなのか?あれは。
ああいうのにするから、評価が下がるのかなぁ。

ラストに出てきたあの人って・・・
あの人ですよね?
名前出すとネタばれになるので出しませんが(^_^;)

いかにもって感じですかね。
流行りだし。
ということは、やっぱり続編ありかな。

とりあえず、ファティマの予言をググりました(笑)
ミッション:インポッシブル/
ースト・プロトコル

日本語吹き替え版を鑑賞。
声優は、なかなかイメージに合ってました。


感想は・・・

おもしろかったです。
見始めてすぐ映画見てよかったと思いました。
これぞ映画で見るべき作品ですね。


テレビで放送してた1もおもしろかったですが、
それに比べて映像もストーリーもレベルアップしてます。


トム・クルーズ、かっこよかったです。
脇を固める俳優・女優陣もみんな素敵でした。


ドバイのビルのシーン、
どうやってるんでしょうね、リアルすぎ。

120%満足な2時間でした(^−^) 

猿の惑星/創世記

字幕字幕版を鑑賞。
(吹き替え版も公開中ですが、字幕版おすすめです)


おもしろかったです。
1968年の作品にはかないませんが、なかなかよくできた映画でした。


ストーリーは、
ディープブルーと12モンキーズを彷彿させました。


猿の映像、リアルでした。
もう何でもできますね。

悪役で、ハリポタのマルフォイの中の人が出てました。
っていうか、主人公が
スパイダーマンのハリーでした。
演技、なかなかよかったです。


お父さん役の俳優さん、いい味出してました。
シーザーの表情もよかった。
主役はシーザーですね。
 

映画で見て損はないです。
続編、作るのか?作れそうだけどね。

トランスフォーマー・ダークサイドムーン

日本語吹き替え版3Dで鑑賞。
理由は、3D&2時間半という長さ。

映像は、とにかくすごいの一言です。
3Dは、奥行き感重視なので、思ったほど感動せず。

ストーリーは、ネットで他の方が書いてるとおり
微妙でした。
こじつけ感あり、無理矢理感若干あり。

月での映像も戦闘シーンもラスト近くのビルのシーンも
どれもよくできてました。

ヒロインが変わったのが・・・
今回のヒロインは・・・なんか微妙?
そしてジョン・マルコビッチの贅沢な使い方(笑)

お父さんとお母さん、相変わらずおもしろかった(^_^)
シモンズの健在っぷりもよかった。

軍人チームの活躍、かっこよかった〜!!
ハリウッド映画だなぁって感じ。

その割に、なんか主人公が・・・
まぁ、あんなものか?
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

日本語吹き替え版3Dで鑑賞。
ハリポタシリーズもいよいよ完結。そして、初3D。

魔法戦争、なかなかよかったです。見応えありましたね。
後半、某シーンで泣いちゃいましたよ(T_T)

3D映画としては、いまいちかな・・2Dで見た方がよかったかも・・

マクゴナガル先生、活躍してました。ハグリットの出番が少なくて残念。
ネビルがいいとことってましたね。不思議ちゃんにはもう少し活躍して欲しかったかも。

ハリーもロンも大人に・・というか、ちょっとオッサン化した?服脱いだときの上半身が微妙・・(^_^;)
ハーマイオニーは相変わらず美人でした。

ラストも、まぁ、うん。いいでしょう。

ただ、エンディング、クレジットが長々と流れるだけで、おまけ映像なし。
今までの映像流して欲しかったなぁ・・・。
X-MEN:ファースト・ジェネレーション

日本語吹き替えで鑑賞。注意書きに、英語以外の台詞が字幕で、一部見にくく〜というのがあった。確かに、明るい白い部分に出た字幕が一部読み取れなかった。でも、別段支障なし。

出てるキャストが、いまいち無名な人が多いのでどうかなと思いましたが、よかったです。
ちなみに主人公はナルニア第1章のタムナスさんの中の人。出てる中で一番有名なのは、ケヴィン・ベーコンかな?

主人公のチャールズより、エリックがかっこよかった。マグニートー最強すぎ!!
あ・・でも、ホントにすごいのはケヴィン・ベーコンか?

XーMENシリーズを見てる人には、あ〜・・・、なるほどね〜、それでああなった〜などと、いろいろ複線になってるので楽しめる作品です。

CGもなかなかこっててよかったです。

カメオ出演してる二人もなかなか。でも、もっと出番があってもよかったのに。

いやあ、マジでマグニートーのファンになりましたよ(笑)
新三部作らしいので、次回作が楽しみです。
ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島
日本語吹き替え3Dで鑑賞。
3D、画面が暗いのが難点ですね。途中、メガネ外したら映像明るいのなんのって・・・。ナルニアの場合、映像重視なので2Dでもよかったかもと、ちょっと後悔。

3Dですが・・・、あまり期待したほどでもなく、ちょっと残念。もう少し飛び出すのを期待してましたが、奥行き感重視でした。まぁ、飛びだしゃいいってわけじゃないですけどね。

ルーシーとエドマンドが、第2章より大きくなってました。新キャラの男の子、いい味出してました。今後が楽しみです。

カスピアン王子、相変わらずかっこよかったです。目の保養になります(笑)

全国907スクリーン、昨年末の「ハリポタ」を上回る規模で公開。
オープニング成績は、土日2日間で動員31万2850人、興収4億5655万2003円。
興収30億円の前作よりもやや少ないが、興収30億円目指して上々のスタート。

相棒−劇場版II−警視庁占拠!特命係の一番長い夜

前作の映画はいまいちだったけれど、今作は前評判がいいので期待して見に行きました。
テレビドラマのラストからリンクした話なのもなかなか。

ちなみに、某シネコンのデジタル上映です。
デジタルなせいか映像がきれいでした。映画って、どうもテレビに比べるとぼやけた感があるんですが、地デジのテレビみたいにきれいでした。(思い込み?いやいや(^_^;))

内容のほうは・・・
おもしろかったです。相棒好きな人なら、はまるでしょう。
もう一度見に行きたいくらいです。いや、行かないですけど(^_^;)

サブタイトルな話かと思ってみてたら、途中でちょっと肩すかしでしたが・・・
その後の展開もなかなか。
各俳優さんたちも、皆さんシブイ。名優がテンコ盛りです(笑)

ただ、ラストが・・・・・。
予告を見て、想像はしてましたが、ああくるとは。
ちょっと、いや、かなり残念。

腐女子へのサービスなのか、大河内監察官と神戸君のシャワーシーンがありました(笑)
神戸君が朝比奈を救出するシーン、かっこよかったです(^−^)
トロン:レガシー

リメイクものかと思ったら、28年前の作品の続編なんですね。なので、前作のDVDを借りて見てから映画館へ。

金曜公開で、初の土曜の割に・・・ガラガラでした。400人入れる映画館に20人弱。一人で来てる男性が多かったですね。
それに比べて、仮面ライダーは大入りだったみたいです。

音楽と、コンピューター世界の映像はよかったです。
予告は、いいとこどりで上手に編集されてますね。
現実世界は2Dで、3Dメガネをかけて見る意味はあるんだろうか・・って思いました(^_^;)

3Dは、期待してたほどではなかったです。っていうか、浮かび上がった字幕を読むのに疲れました。

お父さん役のジェフ・ブリッジス、前作と同じ俳優さんです。
若い姿もCGでリアルに再現されてました。CGの進化はすごいですね。

ヒロインは、マトリックスのヒロインをほうふつさせました。
主人公もなかなか。

ストーリーは、シンプルです。テーマは親子愛?
が、この手のSF映画は、女性に受けるんだろうか・・・少なくとも、わたし好みではなかったです。
でも、あの映像と音楽は、映画館の大スクリーンで見なきゃダメでしょうね。
SPACE BATTLESHIP ヤマト
原作アニメは、あらすじと人物設定を若干知ってる程度。
1日で映画1000円デーだったので、公開初日に行ってきました。

映像は、なかなかよかったです。
戦闘シーンは邦画にしては、がんばってたと思います。
スターウォーズやスタートレックに勝ってるとは言いませんが、
けっこう見ごたえありました。

ただ、ヤマトの中でのシーンが、
他の方もネットでいろいろ書いてるとおり、
スマスマのコントを彷彿させました。
演出、カメラワークが微妙。

指令室も、なんだかへぼい。
もっとリアルに作れないのか?
波動砲の発射レバーもなんだかちゃちいし。
ローかとか、部屋とか、もっとどうにかならなかったのだろうか。
なんだか安っぽいセットでした。

そして、キムタクは、古代進を演じていても
やっぱりキムタクでした(^_^;)

黒木メイサも、悪くはないけど、森雪のイメージとは違いますね。
他のキャラも、悪くはないけど、何か物足りないような・・・
唯一、猫は可愛かったです(笑)

見て泣いた人もいるみたいですが、
どこで泣けと?
あれでは私は泣けないなぁ。

他にもいろいろ突っ込みたいところはありますが・・
ハリー・ポッターと死の秘宝

原作は未読。
日本語吹き替え版を鑑賞。

2時間半弱・・・長かったです。
中盤、中だるみして、ちょっとダレました。

内容の方は・・・
おもしろかったです。
相変わらずの三角関係ネタで笑わせてくれます。
しかし、ハーマイオニーは典型的なツンデレですね(笑)

最初からハラハラドキドキでした。
某キャラがケガしたシーンなんて、ほんとハラハラもの。

ドビーが出てきたのがうれしかったです(^−^)
でも・・・・

ロンやハリーが苦悩するシーンは、ロード・オブ・ザ・リングのフロドを思い出しました。
旅のシーンが多いので、よけいにロード〜とダブりました。
風景がきれいでした。
でも、夜のシーンや暗いシーンが多かったかな。

ハリーの裸のシーンが多かったです。誰へのサービス?(笑)
色白いし、胸毛でした(^_^;)

途中の、死の秘宝のお話のシーンがよかったです。
独特のタッチでいい味出してました。

しかし、3人ともいい感じに成長しましたね。
次で終わってしまうのがなんだか残念。
バイオハザード4

バイオハザード初の3Dです。吹き替え版を鑑賞。

内容のほうは・・・「バイオハザード版プリズンブレイク」でした。
プリズンブレイクのマイケルが出ていて、脱出ものなので、どうしてもプリズンブレイクがだぶりました。

ゲーマーな連れは、いろいろダメだししてましたが、あまりバイオハザードのゲームをやってない私には十分おもしろかったです。
ただ、いろいろな映画(マトリックスやサイレントヒルやブレイド等)をほうふつさせるシーンには、確かにパクリとか言ってる人がいるのもうなずけました。

オープニングの東京のシーンは、まぁ合格点。中島美嘉がでてましたね。おいしい役?ですね。

アクションシーンもかっこよかったです。3Dを意識した演出、多かったです。見ごたえありました。

結局、5に続く感じのラストでしたが、主人公のミラ、出るかどうか?みたいですね。スピンオフ作品を作るという話もあるし、どうなるんでしょう。
このまま終わっても消化不良なのに・・・
インセプション
予告の内容とはちょっと話が違ってました。
他人の頭の中のアイデアを盗む・・ではなく、記憶の植え付けがメイン。

始まってすぐは、内容がイマイチ理解できず、ちょっと苦労。

話をたとえるなら、ミッションインポッシブル夢の中版って感じです。
もしくは、ディカプリオと愉快な仲間たちの冒険(笑)

映像はなかなかすごかったです。
無重力のシーンや、町が壊れるシーンは、かなりリアルでした。

何箇所か体がビクッとなる演出がありました。
要所要所で出てくる子供の後ろ姿は、ちょっとホラーっぽいし(^_^;)

内容がちょっといりくんでたので、リピーターがついてるのも納得です。
私は・・・もう一度行きたいけど、2時間半はちょっときついかも。

ラストは、どう受け止めればいいんでしょう。
見た人によって違う受け取りをするんでしょうね。

渡辺謙は、なかなかいい味出してました。
ディカプリオ、しぶかったです。
わきを固める俳優も皆いい味出してました。
借りぐらしのアリエッティ

ジブリ映画なので、かなり期待しつつ映画館へ。

前半は、かなりよかったです。小人から見た人間世界がとてもよく描かれてました。
さすがジブリという感じです。
後半は、ちょっと失速したので残念。

相変わらず芸能人が声優でしたが、そんなに違和感もなくてよかったです。

原作は、この後の話も描いてるみたいですね。
言われてみれば、これは序章って感じです。
続編作ってくれるとうれしいけど、無理かな・・・。

「こわがらないで・・・」
しばらくこのセリフがマイブームになりそうです(笑)

さて、小人を探そうかな(笑)
トイストーリー3


トイストーリー、1も2も映画で見ました。
今回も期待して見に行きました。
ちなみに吹き替え3Dです。

めっちゃよかったです。
ストーリーも演出も、全てにおいてパーフェクト。
1.2.3の中で一番の完成度です。

ラストは、泣きました(>_<)

バズおもしろすぎ!
大人になったアンディもイイ!!
ウッディもサイコー!

お勧め作品です。
お子様映画と思うなかれ。

ウッディとバズの人形欲しいなぁ。買っちゃおうかなぁ(^_^;)
踊る大捜査線 the movie 3

織田くんも、踊るも好きです。下のアイアンマン2に続いて甘め評価です(笑)

オープニングからして遊び心いっぱい。あの踊るがようやく帰ってきた!!って感じです。テーマソングが流れるとぞくぞくしました。

ネットでも他の人の評価を見ると、かなり悪く書いてる人がいたので、ちょっと覚悟して見に行きましたが・・・

ストーリーは確かにちょっと物足りない感じ。途中までは、まぁ許せましたが、ラストのあれはちょっと・・・
正直オチがイマイチ。
「羊たちの沈黙」のレクター博士のできそこないな感じではダメでしょう。弱すぎ。

犯人もちょっと微妙。
まぁ、1や2もけっこう突っ込みどころは満載だったので、これが踊る〜の醍醐味なんでしょうけどね。

4とか作っちゃうんですかね。かなり大盛況みたいなので。
私の行った映画館もかなり席埋まってましたから。

興行収入や動員数がどのくらいになるか楽しみ(^−^)
アイアンマン2

ロバート・ダウニー・jr、好きです。5つ星です。甘め評価です(笑)

見終わって、キャストとかいろいろネットで調べて気付きました。悪役、ミッキー・ロークなんですね。全然気づきませんでした(^_^;)てっきりロシア系の俳優さんかと・・・かなりいい味出してました。

今回は、秘書のペッパーが地味でした。ちょっと残念。
その代わり、新キャラのナタリー目立ってましたね。アクションシーン、かっこよかったです。

ストーリーも演出もキャストも、いいんだけど、1個だけケチをつけるなら・・・
ローズ役の俳優は、1の人がよかったなぁ。

あと、見るなら字幕がお勧めです。吹き替えは、全然イメージが違います(^_^;)
アリス・イン・ワンダーラン

ティム・バートンが監督で、
ジョニー・デップが主役で、
不思議の国のアリスで、
そのうえ3D。
そりゃ映画に行かなくては!!

ってことで、初日にさっそく見に行ってきました。
もちろん吹き替えです。

始まって数分。
見に来てよかった〜。
吹き替えでよかった〜。

ティム・バートンの独特の世界観がかなりイイです。
ジョニー・デップもさすが!!
この手の役をやらせたら天下一品ですね。
赤の女王、個性的でイイ。なんかかわいかった。

女王の臣下の人、見たことあると思ったら、
バック・トゥ・ザ・フューチャーのマーティパパの人でした。
かっこよかった。

白の女王、吹き替えやってるの深キョンでした。
エンドクレジットでちょっと驚いた。

アリスもかわいかった。
美人なのにかわいい。

うさぎもチェシャ猫も3月うさぎもぜ〜んぶよかった。

甘甘な評価になってますね。
今度は愛妻家

ネットでの評価が高かったので、期待しつつ鑑賞。
いかにもの展開で泣かせるのかなぁとか思って見てたら・・・

途中までは、おもしろい。
ラブコメかなぁって感じの展開。

でも、トヨエツの一言で話は一転。
「え??そうなの?そうだったの?」って感じ。
この展開ですか。
それはちょっと想像してなかったなぁ。
やられたなって感じ。

そしたら、それまでの話が全部つながって、
気が付いたら泣いてたし(>_<)
ラストも泣く泣く。
邦画で泣いたのって、かなり久しぶり。
セカチューより泣ける泣ける。

主人公夫婦にも感動したけど、
若い二人の展開にもまた感動。

この映画、結婚してる男の人にホントおすすめ。
ぜひ見に行ってほしい。
そして、泣いて!!
アバター

 迷って迷って、3D&字幕で鑑賞。
 最初、字幕を追うのに疲れて酔いそうになる。しばらくすると慣れた。
 でも、ナヴィ語の字幕が左右に出たのがつらかった・・(^_^;)前のほうのシートに座ってたのでなおさら。
 
 ストーリーは、予告でほぼネタばれしてたので、まぁ織り込み済み。でも、おもしろかった。十分合格点。
 映像も、思ったほど3Dの効果はなかったけれど、十分合格点。奥行き感とかすごいリアルだった。ナヴィ達のCGも、最初はちょっと違和感あったけど、慣れると全然平気。
 
 予告のカタコトの日本語がどうもいまいちだったから、吹き替えで見ずに、字幕で見て案外よかったのかも。
 ネットで他の人たちが感想に書いてたように、確かに映像は暗い感じがした。
 途中、ちょっと感動してウルウルしてしまった(>_<)
 
 まぁ、いろんな洋画邦画のテイストが入ってたけど、3Dは思ったよりへぼかったけど、予告でほとんどネタばれしてたけど、おもしろかったから全部OK。
 
カールじいさんの空飛ぶ家

 迷って迷って、3D&日本語吹き替えで鑑賞。
 3Dメガネのかけ心地がイマイチ。私の場合、映画を見るときはメガネなので、メガネの上にメガネをかけるということになる。そしたら、なんか3Dメガネがずれてきて、困った(^_^;)
 まぁ、それはおいといて。
 
 映像は、飛び出すというより、奥行きがある感じ。確かに3Dよかった。でも、見終わった後、目がかなり疲れたというか、疲労感がすごかった。
 
 ストーリーは、思ってたのと違ってた。カールじいさんとエリーの馴れ初めシーンはよかった。始まって30分は神かも。
 
 でも、中盤で中だるみ。ちょっともったいないなぁ。
 感動したけど、もう少し脚本をどうにかすれば、もっと感動できたような・・・。ちょっともったいない感じ。
2012
かなり前から期待していたこの映画。ドキドキわくわくしながら映画館へ。
約2時間半、長かった・・・・。とにかく長かった・・・(^_^;)
映像は、すごい。すごいの一言。今までに見たパニック映画のいいとこどりをしてる感じでリアルですごい。この映像、テレビで見ても迫力不足でだめだろうなぁ。映画館で見るべき映像。

しかし、ストーリーがいまいち。人物が描ききれてない感じ。泣かせどころもあるにはあるけど、いまいち。ディープインパクトみたいに、泣かせてほしかったなぁ。
主人公もいまいち魅力不足。演説シーンも説得力あまりなし。
ご都合展開に少し食傷気味な感じ。

インディペンデンスデイを超えろというのも、無理だろうから仕方ないんだろうけど。
もう少しどうにかならなかったのかなぁ。

予告で流れてた「アバター」のほうがよっぽどおもしろそうな感じ。映像もすごそうだしね。
ウルヴァリン:
X−MEN ZERO

おもしろかった!!
オープニングのシーンから、息を持つかせぬ展開のオンパレード。
ウルヴァリン、かっこよすぎ。
もともとX-MENはそんなに好きじゃないんだけど、今回のはホントよかった。見に行ってよかった。
いろいろ謎も解けたし、恋愛も今回はあったし、見所満載。

お兄さん役の俳優もよかった。しかし、二人とも「ニューヨークの恋人」の映画の時とイメージ違いすぎ(笑)
他のミュータント達も、それぞれかっこよすぎ。いい男満載(笑)
エンドクレジット後に、ちょこっと映像があるのでお見逃しなく。
続編もきっと作るんだろうなぁ。今から楽しみ♪ 
20世紀少年
<最終章>
ぼくらの旗
長かった・・・とにかく長かった・・・。
途中でだれた。
1や2の方がおもしろかったなぁ。
ラストも原作と変えたみたいだけど、うーん、微妙。

キャスティングはいいんだけどなぁ。
演出もまぁいいんだけど、何が悪いんだろう。
話?はしょりすぎ?
期待はずれな感じ。
ナイトミュージアム2

前作は、DVDで鑑賞。

予告を見て、お子様向けかと思ってスルーしたら、
DVDで見て案外おもしろくて気に入ったので、今回の2は映画へ。

おもしろかった。
始めから終わりまで、ハラハラドキドキ引き込まれた。
笑いの中に今回は恋愛要素もあり、なかなかいい展開。
新キャラもたくさん出てきて楽しかった。

映像は、若干CGがちゃちく感じるシーンもあったけど、十分合格点。
スミソニアン博物館に行きたくなった。
G.I.ジョー

この手の話は、あんまり好みじゃないのでスルーしようと思ってた映画。
予告を見ても、「ヤマカシ」みたいだなぁって思ったし。
こういうのが好きな連れに誘われて、しぶしぶ映画へ。

始まって10分。
「見に来てよかったぁ!!」

出てる俳優はいまいち無名っぽいけど、映像がすごい。
話も、思ったより全然面白い。
「ハムナプトラ」の監督らしいけど、なかなかいいわこれ。

そのつながりで、「ブレンダン・フレイザー」がチョイ役で出てた。

主要キャラも、いかにも!!な感じ。
展開も、いかにも!な感じなんだけど、
それもハリウッドらしい感じでGOOD。

イ・ビョンホン、おいしい役だなぁ。
本来、この役は日本人にやってほしいけど、
なかなか適任がいないか?
ジャニ出されてもちょっと困るし(^_^;)

しかし、東京のシーン、あれはちょっとね・・・
何かの映画でもそうだったけど、
なんかアメリカ人って、アジアをごちゃまぜにしたのを日本と思ってるような・・。
今回も、あれじゃ中国でしょ。
どう見ても少林寺でしょ。
っていうか、吹き替えで見たのに、あの日本語って何?

スネーク・アイズの今後が気になる。
続編で、顔出すんだろうか。しゃべるんだろうか。

黒人俳優は、やっぱりポジション的にバラエティ担当か。
美人二人も、競い合ってていい感じ。
隊長?将軍?もいい味出してる。

続編、きっとあるだろうから楽しみ。
ROOKIES
-卒業-

遅ればせながらようやく映画へ。
ちなみにテレビドラマは全部鑑賞。

おもしろかった。
個々のキャラもそれなりに立ってたし、脚本もそれなりによかった。
笑えるところはちゃんと押さえてあるし。
ドラマを見てた人は、ラストも感動すると思う。

でも、試合のシーン、ちょっとだれた(^_^;)
あんまりリアリティがないのはちょっと。
あと、安仁屋の某シーンでちょっと興ざめ感。

ラストは、泣いてしまった(>_<)
いやいや、泣くつもりはなかったんだけどね。
新庄と関川と御子柴のセリフでやられました。
アマルフィ
女神の報酬

フジテレビの映画っつーことで、いかにもな作品かなぁと思って、最初はスルーする予定だった。
でも、テレビでメイキングを見て、案外良さそう?と思い、結局見に行くことに。

ちなみに私は、織田裕二 ・天海祐希 ・戸田恵梨香・佐藤浩市、みんな好きです。
評価甘くなるかなぁと思いつつ、厳しく採点。
それでも文句なしの五つ星。

映像は確かにキレイ。キャスティングも最高。
アンチはストーリーとかだめ出ししてるけど、私は特に気にならず。
ただ、所々映像がぶち切れるような映像のつなぎは何?
それだけがちょっと気になった。

黒田のキャラは、ちょっと謎があるところもクールなところも完璧。
織田君、かなりかっこよかった。
走ってるシーンとかいい!!
福山と並んでも全然見劣りせず。ってうか、織田君の方がかっこいいかも。
かなりいい撮り方してもらってるって感じ。
監督うまいなぁ。
これはあきらかに腐女子のファンが増えるだろうなぁ。
特に○○のシーン。よかった。
天海祐希がうらやましいと女性は思うはず。

サラ・ブライトマンの歌もいい!!
鳥肌ものでした。
同じイタリア舞台の天使と悪魔より、よっぽどこっちがおもしろかった。
あっちは若干途中で眠くなったので(^_^;)

今年見た映画の中で一番好きかも。
続編できるといいなぁ。
ハリー・ポッターと
謎のプリンス

原作は未読。
吹き替えを鑑賞。

みんな前作に比べて大人になってるなってる。
今回はなにやら恋愛話?
ツンデレキャラ「ハーマイオニー」がかわいかった。
「ロン」に対する感情の揺れが、見ててほほえましいのなんのって。
素直じゃないなぁ。それもまたかわいいんだけど。
高校生くらいってあんな感じだしね、確かに。

今回の主役は「ロン」?って思うくらい活躍?してた。
女の子からもててるし、クィディッチのシーンもなかなかかっこよかった。

「ロン」と「ハーマイオニー」がうまくいくのは分かるけど、
「ハリー」と「ジニー」っていうのがいまいち納得できない感じ。
原作読んだら納得できるのかなぁ。
並んだ感じもいまいちアンバランスだし。
個人的には、不思議ちゃんとうまくいって欲しかったなぁ。

不思議ちゃん、相変わらずとぼけたかんじでかわいい。
ライオンのかぶり物、かなり笑えた!!
我が道を行ってる感じがいいなぁ。

ダンブルドアが魔法を使うシーン、かっこよかった。
今までいまいち見せ場がなかった気がするので、今回はよかった。
でも・・・・・。

ラストはちょっと中途半端感。
最終作に向けてだから仕方ないかなぁ。
その最終作も2作に分けるとは・・・。
先は長いなぁ。
ノウイング

評価はちょっと甘め(笑)

ネットでの評価が悪いなぁ、でも予告はおもしろそうだったしなぁと思いつつ映画館へ。
「ディープインパクト」や「アルマゲドン」みたいな感じかなぁと思ってた。
いざ始まると、想像とはちょっと違って、オカルトのようなミステリーのような。
どんどんストーリーに引き込まれた。

地下鉄や飛行機の事故のシーンは、予告で見たよりもかなりの迫力&音で、
ものすごい臨場感だった。
テレビじゃこの迫力は出ないなぁ。映画館で見るべき作品。

次々と事故で人が死ぬシーンは、リアルすぎて、ちょっと見るのがきつかったほど。
子供が見たらトラウマになりそう。
っていうか、私自身結構トラウマになりそうな感じ。

途中に出てきた・・
まさかあの展開?と思ってたら、
案の定あの展開でした。
ラスト、こうくるのか。
知らなかったのでちょっと意外。
でも、違うラストでもよかったなぁという感じ。
ちょっと興ざめした感があるので。

でも、トータル的に見て合格点。
映画に行ってよかった。

さぁ、次はハリポタだ!!
トランスフォーマー/
リベンジ

ちゃんと前作を見て、復讐をして、かなり期待大で見に行った。
長かった・・・。
2時間半はきつい(^_^;)
途中だれて時計を見たら、まだ1時間しかたってなかった・・・。
長いからか、ラスト30分はやたらとトイレに行く人が多かった(^_^;)

前置きはさておき、
ストーリーはまぁまぁ。
それなりにおもしろかった。
ギャグもそれなり。
微妙なエロシーンはいらないなぁって感じ。
ヒロインが無駄に色っぽすぎ(笑)
誰へのサービス?
小学生?中学生?

オートボットとディセプティコンのシーンは、CG使いまくり動き早すぎでちょっと目がチカチカ。
字幕読んでたら映像をじっくり見れない(^_^;)
吹き替えで見ればよかったかなぁ。字幕は苦手なんだよね。

リベンジっていうわりには、いまいち敵が強くないというかちょっとしょぼい感が・・。
お母さんが笑えた。ちょっと痛いけど。
脇の二人がいい味だしてた。

あとは・・・
とにかく米軍がかっこいい!!
全面協力してるとか、すごいねー。
日本じゃ無理だなぁって感じ。

前半まぁまぁ、中盤だれた、後半盛り上がった。
続編もあるっぽいし、次はどうするんだろう。
マンネリ化しそうな気も・・・。
ターミネーター4

期待大で先行上映を見に行った。
そしたら・・・
「ジョン・コナー」がへぼい・・・・
っていうか、マザコンというかカリスマ性が皆無というか影が薄いというか・・・。
人物の描き方も薄い薄い・・・。
もう少し脚本がどうにかならなかったのかなぁ。
奥さんとの描写もいまいち。

ここまで悪く書いてなぜ4つ星かというと、
「マーカス・ライト」がよかったから。
主役は、「ジョン・コナー」ではなく「マーカス・ライト」でしょう、あれじゃあ。
おいしいところ持って行きすぎ。
だから、ラストは気にくわない!!

シュワちゃんも出てましたね。いちおう。
まぁ、あんなものでしょう。

カイル・リース役の男の子、どこかで見たと思ったら、
「スター・トレック」のロシア人でした。
「カイル」と「スター」と「マーカス」3人のシーンが、
「バット」と「リン」と「ケンシロウ」に見えて、北斗の拳みたいだった(笑)

もう4で終わりでよかったのに。
5とか6とかストーリーどうなるんだか。
カイルを過去に送り込まなきゃならないから仕方ないか。
しかし後味悪い。
スター・トレック


おもしろかった!!
始まって10分、映画見に来てよかったぁ!!!と思いました。
とにかく映像がすごい!
コレはもう映画館で見るしかないですね。
ストーリーも思ったより全然よかったです。
シリアスなストーリーの中に、ちゃんと笑えるところも用意されてるし、さすがです。

ウィノナ・ライダーが出てるの気づきませんでした。
エンドクレジット見て驚きました。
スポックの人、見たことあるなぁと思ってたら
「HEROES / ヒーローズ」の殺人鬼サイラーの役の人でした。
いい味だしてました。
私的には、カークよりスポックのファンになりました。
スポックの中の人が老年のスポック役で出てたのには感動。

昔のテレビドラマや映画を少ししか見たことのない私でも十分に楽しめました。
今年見た映画の中で一番よかった作品です。
続編できるといいなぁ。
天使と悪魔
 前作の「ダヴィンチ・コード」がおもしろかったので、かなり期待して見に行った。 
 見た感想は、まず長かった・・・。最初の30分くらいだれました。
 期待が大きかった分、なんだか肩すかしな感じ。もっと宗教色をだして、謎解きとハラハラドキドキと思ってたら、そうでもなく。
 犯人捜しもなんだか後手に回ってまどろっこしいし。脇を固める俳優陣はなかなかいい味出してました。
 トム・ハンクス、老けたなぁって感じです。一緒に見に行った連れは、セガールに似てると行ってました(笑)
 バチカンの中ってホントにあんな風なのでしょうか。(←そんなことはないか)ちょっと行ってみたくなりました。さて、内容を補完するために原作を読まなくては。
レッドクリフpartU
未来への最終決戦

見に行ってきました。
おもしろかった。
でも、長かった・・・。2時間20分くらいなのに、3時間くらいに感じました。
少しだれましたね。

予告を見て、感動するのかなと思ってたら、案外そうでもなかったし。
尚香と敵兵が恋にでも落ちるのかと思ってたら、そこまででもなく・・。
もう少し描き方によっては感動する展開に出来た気も。

劉備の存在が薄かった。
孔明、かっこよかったけど、今作では周瑜のほうが戦いのシーンも多くてかっこよかった。
孫権にももう少し見せ場があればなぁ。
中村獅童はちゃんと見せ場があったのに。(←ちょっと優遇されすぎな気も)
火攻めのシーンは、映像・音ともに迫力十分。

三国志のマンガを再び読みたくなりました。(←マンガ持ってるので)
20世紀少年
第2章 最後の希望
 前作に引き続いて、原作漫画を読んでないとちょっと厳しいかも。かなり内容をはしょってるので、読んでから見た方が楽しめます。
 キャスティングは最高ですね。小泉役の子、はまり役すぎ。原作のまんまです。カンナを完全に食ってますね。
 個人的には、サダキヨの写真のエピソードがなかったのが残念。あのシーン好きなのに。
 トヨエツ演ずるオッチョ、しぶかったです。
 エンドクレジットも楽しめました。右下のカウントダウンもよかった(笑)
K-20怪人二十面相・伝

 おもしろかったです。くすっと笑える場面が所々にありました。
 全編通して思ったのは、なんだか「クラリスとルパン」もしくは「シータとパズー」な感じ?かなり宮崎アニメのテイストが入ってました。あと「スパイダーマン」も。
 映像的にもなかなかがんばってました。怪人二十面相(金城武の方ね)かっこよかったです。仲村トオル、いい味出してました。(ドラマ、バチスタとちょっと演技かぶってました)
 松たか子もよかったけど、あの役はもう少し若い(20代前半とかの)女優さんがやった方がもっとよかったかな。
地球が静止する日
 「予告映像・SF・キアヌ・リーブス・正月映画」と期待して見に行った。(ネットで評価がちょっと悪いのが気になったけど)
 映像・・・CMがほぼすべてでした。キアヌ・リーブス・・・あまり魅力的じゃなかった。ストーリー・・・いまいち。人物が描き切れてない。
 ちょっと映画に行ったのを後悔。でも、レンタルしてTVで見たら途中で見るのやめそうだからまぁ映画でよかったかなぁ。映像はそれなりにリアルだったしね。
 脇役で、プリズン・ブレイクのTバッグが出ていてちょっと笑えた。(吹き替えだったらあの声なのかなぁとか

 ドラゴンボールの映画の予告が見られたのはよかった。でも、あれはドラゴンボールじゃない。完璧に別物。
WALL・E ウォーリー


 予告を見て、お子様向けかなと思ってたら、大人でも十分おもしろ作品でした。
 ストーリーもさることながら、映像がすごい。
 CGでここまで出来るとは驚き。
 ウォーリーやイブの質感がリアル。ピクサー作品の中でもダントツの作品だと思う。
 笑える演出もちゃんとあるし、感動するシーンもちゃんとあるし、映画館で見る作品。
レッドクリフ

 三国志の知識は、マンガを読んだくらい(^_^;)の私でも、おもしろかった。
 映像がすごい。この作品は、映画で見るべき作品。
主要キャラがカッコいい。金城武扮する諸葛亮孔明は、なんか優雅な感じで、見せ場的に地味かなぁ。
 他のキャラがそれぞれ戦闘シーンがかっこよかったから。見応え十分な作品だった。
 2時間半の長さを感じさせなかった。2もなかなかこってそうだし楽しみ。
アイアンマン

 思ったよりスケールが小さかったけれど、おもしろかった。
 改良されるにつれレベルアップしていくパワードスーツがよかった。
(最初、脱出するときのお手製スーツはしょぼくて、一瞬「これ?」と思ってしまった(^_^;))その後、レベルアップしてかっこよくなって納得。
 CGもよくできてて、迫力あった。飛ぶシーンは圧巻。
 エンドロール始まる前に字幕で「エンドロール終了後に続きがあります」って出た。続編が楽しみなのだ。
パコと魔法の絵本

 ティム・バートンの映画を彷彿させる作品。ザリガニ男爵は、ジョニー・デップかなぁとか、パコは小さい頃のダコタ・ファニングかなぁとか思った。
 子供向けと思いきや、最後は泣いた(>_<)他の人もけっこう泣いてたっぽい。
 映像もきれいで、独特の世界観がよかった。ガマ王子、かわいかった。アニメで見たいかも。
 阿部サダヲの演技がおもしろすぎ。彼の演技は個性的でいいね。ちょっと毒が入ってるのもなかなかいい。
 他の俳優たちも、それぞれ個性的でとてもよかった。
 パコの絵本がほしくなった。
ウォンテッド

 先行で鑑賞。
 おもしろかった。映像も曲もなかなか。
 ただストーリーが若干ご都合展開かなぁ。
 主人公が最初へたれなのに、ラストはかっこよくなってた。
 ネズミが何気にかわいかった。
 アンジェリーナ・ジョリー、美人だけど、なんだかちょっとやせすぎな感じだった
20世紀少年

 登場する子役や俳優が、まんまマンガのキャラクターでよかった。(似てない人もいたけどね)
 原作マンガを読んでるので、内容にもついていけたし。原作を未読の人にはちょっと分かりにくいかも?
 マンガの世界観をなかなかリアルに描けてたと思う。
 エンドクレジットの後に2の予告あり。
ハンコック
 某映画館で先行上映(字幕版)を鑑賞。
 予告を上映しているときから、スクリーンから字幕が下にはみ出ていて、ちょっと「あれっ?」と思ってた。
 いざ本編が始まってからも、字幕はスクリーンの下にはみ出ている。?!?!?!?
 スクリーンが一瞬乱れて、普通になりました。係員さんのミスですね。
 気になる内容は、前半はおもしろくておもしろくて大満足。後半は、「え?こういう展開?」とちょっと意外な展開に。
 ちょっとつじつまの合わない箇所も若干。続編作るのかなぁ。作りそうだなぁ。

 本編よりも、予告編で流れた「ターミネーター4」が気になる!!どうなるんだろう。
ハムナプトラ3
 ネットでの評価はいまいちだったけど、1と2を見に行ってるのでとりあえず3も見に行った。
 うーん。やっぱりちょっといまいちかも(-_-;)
 せっかくジェット・リーがでてるんだから、もう少しジェット・リーらしいアクションが見たかったというかなんというか・・。
 エヴリンの中の人が変わったのも残念。それに、皇帝の変身した姿もちょっと悪趣味というかなんというか。
キングギドラにしか見えなかったし(-_-;)
 2のサソリ男といい、この手のCGはちょっといまいち。
 戦闘シーンもロード・オブ・ザ・リングを超えるものはきっと無理なんだろうなぁと思ってしまった。
 文句いいつつ、もしも4ができたら見に行っちゃうんだろうけど(笑)
崖の上のポニョ
 ネットで他の人の感想を見たら、見事に賛否両論ですね。
 お子様向けの映画というのも納得です。人魚姫のお話がベースになってますが、ディズニーのリトルマーメイドのほうが私は好きだなぁ。
 要所要所それなりに見ごたえのある?シーンもありました。
 声優に芸能人を使うのはあまり好きじゃないなぁ。
 キャラクターは結構たってましたね。いろんな意味で。
 ナウシカやラピュタやトトロを超えろというのが、まぁ無理なんでしょうけど。
 小さい子供のいるファミリー向けな作品でした(^_^)
僕の彼女はサイボーグ
 「綾瀬はるか」が、かわいかったです。ラブストーリーと見るか、SFと見るかで評価は変わりそうだなぁ。
 突っ込みたいところはまぁいろいろとありますが・・・。韓国人の監督さんなので、やっぱり日本人とは感性とか違うのかなぁ。
 案外、韓国人の俳優さんで作ったほうが感動したかも。
 個人的にはドラマでやってた「絶対彼氏」のほうが感動した。
インディ・ジョーンズ
クリスタル・スカルの王国


 字幕版を鑑賞。おもしろかったです。ネットでの評価を見てみると、けっこう賛否分かれてますね。理由は、まぁ、アレのせいなんでしょうけど(;^_^A 正直、アレを出すのは禁じ手な感じです
 アクションシーンはよかったです。ハリソン・フォードも相変わらずかっこよかったです。1を見てから行くと楽しめます。

HOME