債務整理


債務整理には、主に「自己破産」「任意整理」「民事再生」「特定調停」の4つがあります。

自己破産

破産宣告を受けて、、財産(生活必需品以外)を全て処分して返済に充てることで、残った借金を免責してもらえる制度。 債務整理の中でも最も知られた方法です。


任意整理

裁判所を通さずに債権者と直接交渉し、借金の軽減を図るという債務整理の方法です。 残った債務額を36回(3年間)で返済できるかがひとつの目安となります。 過払い金請求を行うと、引き直し計算で借金が減るだけではなく、借金が無くなったり、過払い金を取り戻せる可能性もあります。 (借金や取引期間で過払い金の有無や金額は異なります。)


民事再生

個人債務者のための再生手続き。@継続的に収入を得る見込みがある人か、給与などを定期的にもらう見込みのある人。 A借金の額が3000万円以下。という、債務者の要件があります。 再生案が認められると借金が「借金の5分の1か100万円の多いほう」に減額できます。


特定調停

裁判所を通じて債権者と債務者が交渉し、調停委員の指導のもと、借金の軽減を図るという債務整理の方法。 各債権者との今後の返済条件について合意をはかり、借金の軽減を図ります。

お気軽にご相談下さい。