北大西洋航路客船      クイーン・メリー キュナード・ホワイト・スター
        ・ライン (英国)
         
  就航 1936年
           
   80,774 総トン
            
   全長 310.3m
             
   全幅 36.1m
             
   エンジン 
    ギヤード・タービン
        4セット
    158,000 馬力
             
   推進器 
    スクリュー4軸
             
   速力 29 ノット
             
   乗客定員 2139人
    1等    776
    ツーリスト 784
    3等    579

 

   キュナード社は大西洋航路の急行船を,モーレタニア号以来建造していなかった。そのモーレタニア号は1920年代の終わり頃には,新たな競争の中で寄る年波を見せ始めていた。会社では,手持ちの3隻の高速船モーレタニア号,アキタニア号,べレンガリア号のうちの1隻を新しい船に取り替えるという案を検討した。しかし意向はすぐに,2隻の船だけで2週間周期の運航を行なう計画へと転向した。その運航のためには,5日で横断できることが必要であった。機関は平均速力28.5ノットを,信頼性をもって確保できなければならなかったし,1シーズン11ヵ月間を大きな修理なく運転できる性能を必要とした。商業面の考慮から,およそ80,000総トンの大型船に決定され,キュナード社では1929年に第一人者のエンジニアを数多く招いて,最適な推進機関形式を推薦してもらうための委員会を作った。

 検討されたのは,1段減速ギヤード・タービン,タービン電気,それにディーゼル電気の各推進方式である。ギヤード・タービンとタービン電気については,それぞれスコッチ・ボイラーと水管ボイラーの両方で検討された。委員会は,信頼性・運転の容易さ・重量・初期投資コスト・運転コスト・効率,さらには騒音と振動の少なさから,全員一致で水管ボイラーを備えた1段減速ギヤード・タービンに決定を下した。

 建造途上で工事が中断され,そのあとキュナード社がホワイト・スター社と合併するという条件で政府が援助することになった,クイーン・メリー号建造時の話はよく知られていることなので,ここで繰り返す必要はないであろう。しかし工事が遅れたことにより,この船のほうがノルマンディー号より後から登場することになった。本来ならフランスの巨船ノルマンディーより先に運航を開始していたはずなのである。

 クイーン・メリー号が大西洋の新記録を樹立した時の働きぶりについては,よく知られているところである。1938年8月には,西航 30.99ノットと東航 31.69ノットの平均速力が達成された。

                          

                 (「豪華客船スピード競争の物語」 クイーン・メリー号の部分より抜粋)

                        

トップページ        サイトマップ         タイタニックの系譜と客船の歴史のページ