北大西洋航路客船 ノルマンディー
         
     フレンチ ・ライン (フランス)
        
  就航 1935年
           
83423 総トン
(竣工時 79280 総トン)
          
全長 313.3m
            
全幅 35.9m
           
エンジン 
 蒸気タービン電気
  (蒸気タービンで発電
 して,電気モーターで
 スクリューを駆動)
 160000 馬力
           
推進器 
  スクリュー4軸
             
速力 29 ノット
           
乗客定員  1972名
 1等     848
 ツーリスト  670
 3等     454
     

 

   ノルマンディー号の建造のためにフランス政府が支給した助成金は,1,500万ポンドという驚くべき額であった。このノルマンディー号は計画のスタート時点から,大西洋で最も大きく,最も速く,最も豪華な船とすることを目指していた。実際この船は,その3つすべてを満たしたものとなった。そして,そのタービン電気(ターボ・エレクトリック)推進装置は強力で特異な存在だった。

 この船の総トン数は約 80,000トンに達し,当時世界最大となった。設計速力29ノットは,これも最速であった。そして1935年の処女横断航海,西航 29.94ノット,東航 30.35ノットの平均速力で,ブルーリボンを手にしたのである。3年間に渡るキュナード社のクイーン・メリー号との競争の中で,1937年にさらに高い速力,西航 30.58ノット,東航 31.2ノットを達成したが,最終的には「クイーン」に抜き返された。

 このような速力を得るためには巨大な出力が不可欠で,それができるのはタービンだけだった。タービン発電装置は,実質的に小型の発電所のようなものであり,そこで作り出された電気を使って,大型モーターがスクリューを駆動するのである。これらのモーターは高さ 6.4m,幅 5.8m,長さ 7.9mの大きさをしており,出力の面でもサイズの面でも強く印象に残るしろものである。電気推進は目新しいものではなかったが,最大 160,000軸馬力という出力のものは,それまで試みられたことがなかった。

 主蒸気を供給したのはペノエ3胴水管ボイラー29基で,その煙路はファーターラント号のときのように右舷と左舷に分かれていた。船内中央に大きな公室を確保するためである。

 キュナード社のクイーン・メリー号が大西洋の記録を手にしたとき,フレンチ・ラインでは速力をさらに上げるよう取り組むことを決断した。そして1936年から37年にかけての冬場に,スクリュー交換に加え,主発電設備とモーターを完全にオーバーホールし,タービンのノズルを追加して開け,蒸気流量を増やす措置も取られた。1937年に達成された東航および西航の新記録は,この改造とスクリュー交換によるものと考えられる。しかし,もうほとんど限界に達していた。それに対して,キュナード社のライバル船はまだいくらか余力を見せた。

 戦争が邪魔に入らなかったなら,フランス人の自尊心はノルマンディー号の機関からさらに力を引き出そうとしたかもしれないが,今となっては推測してみるばかりである。

    

                  (「豪華客船スピード競争の物語」 ノルマンディー号の部分より抜粋)

    

 
  トップページ         サイトマップ           ブルーリボン記録のページ