第二次世界大戦 最期の激戦地
ソ満国境の地下に眠る 関東軍の巨大軍事要塞
虎頭要塞
The Kotou Fortress
JAPANESE CENTER OF RESEARCHING KOTOU FORTRESS
虎頭要塞日本側研究センター

────────お知らせ────────
モンゴル東南部国境にて、1945年8月9日 対日参戦時のソ連軍遺構を発見。
2023年(第18回国際共同学術調査) inモンゴル
テレ朝「テレメンタリー2023」で
8月12日(東京)から順次、全国で放映。


『国境へ集結せよ モンゴルに残るソ連軍 満州侵攻の痕跡』


番組案内「テレメンタリー2023」サイト
なお、
テレメンタリー」は地方局ごとに放映日が異なります。
お住まいの放送エリアの曜日と時間帯は、下記でご確認ください。
「テレメンタリー2023」各局放映日
テレ朝の8月12日(土曜)が基準日になっています。
「各局放映日」での曜日が異なる局は、12日以降の週の曜日となります。
例:日曜は8月13日、月曜は8月14日、火曜は8月15日
また、24時をすぎる表示がありますが、これは翌日のことです。
例えば「火曜の25時~」は、「水曜の午前1時~」を意味します。

─────────────────────

2016年5月29日に放送された
「満州崩壊はここから始まった ~モンゴルに眠るソ連秘密基地の謎~」が
2023年1月28日夜から
YouTube「ABCテレビニュース」に配信が決まりました。

2017年度国際映像祭[USIFVFNYF]ダブル受賞作品

…旧満州で発生したソビエト軍による民間人への大量虐殺「葛根廟事件」。
取材は、長い時空を超え、多くの人々との出会いを経ながら
ユーラシア大陸全域に及び、過去と現在を行き来する。
満洲崩壊の決め手となったソ連の軍事行動、その大きな謎に迫る.…

https://www.youtube.com/watch?v=VhXrtUngwzY&t=458s

↑↑↑
特集番組 再放送のお知らせ
ABC制作ドキュメンタリー
『満洲崩壊はここから始まった~
モンゴルに眠るソ連軍秘密基地の謎~』
BS朝日

放映日 2022年10月12日(水)23:00~24:00
「不滅の連隊」行進や、「赤の広場」の軍事パレードなどロシア全域にわたる現地取材を収録

2017年度国際映像賞ダブル受賞作品
The Fall of Manchuria Began Here
~Undiscovered Secret Soviet Bases of the Mongorian plain~

→Page

1. 2017 アメリカ国際フィルム・ビデオ祭 [USIFVF]
50回記念大会 銀賞 [Silver Screen] 受賞

朝日放送によるニュース・リリース


2. ニューヨーク・フェスティバル賞 [NYF] 2017
視点部門 入賞


MOVIE
CEREMONY RECAP/NEW YORK FESTIVAL World's Best TV & Films 2017 GALA

緊急声明
ロシア軍はウクライナから即時撤退せよ。

Stop Russian troops from attacking Ukraine ,immediately.

 虎頭要塞日本側研究センターは、世界の人々の多様な主張を尊重する。世界平和の基礎となる対話のために、諸国の歴史観を尊重しつつ、ロシア、欧州、中央アジア、中国の戦争体験を聞き取り、36年間にわたり、海外の激戦跡地の現地調査をしてきた。戦争を望む市民は誰もいない。

 ロシア・プーチン政権によるウクライナ侵攻は、平和共存のための対話を根こそぎ否定するものである。歴史の歯車を百年前に戻し、ただでさえ無くならない暴力を更に世界に蔓延させる行いだ。

ウクライナの全土的抵抗が始まった。
Ukraine started to fight back against Russian forces all over the country.
 しかし、ウクライナ国民が徹底抗戦を決めた以上、ロシア軍は困難に陥る。虐げられた民衆の武装闘争が軍事大国を窮地に追い込み、敗北に導くことは、ソ連・フィンランド戦争(冬戦争)でも、ソ連のアフガン侵攻でも、ベトナム戦争でも、すでに経験済みだ。

ロシアは近い将来、敗北する。
Russia will fail the war in the near future.
 もしそうならないとすれば、自由と人権を掲げる国々の、無関心という名の侵略者への追い風である。
 すべての市民があらゆる平和的な手段を行使して、国を問わず、軍事力の行使に異議を唱える必要があると考える。 

※当センターが声明を出すのは、9.11以降の米軍によるイラク報復攻撃以来である。

2022年2月27日15:10
虎頭要塞日本側研究センター 代表:岡崎久弥
Ukrainian woman offers seeds to Russian soldiers …:
https://youtu.be/L17Bi7zBJHI



ウクライナの女性がロシア兵のポケットに向日葵の種を入れるよう促し、
「おまえが死んだなら、そこに向日葵が育つだろう。」


ロシア戦勝式典[2016]からみる露軍のDNA
http://morinaga-hiso.blog.jp/archives/1080040239.html

 

Японский Исследовательский Центр Хутоу Крепости
Japonaise Centre de recherche Hutou(kotou) Fortress
Japanische Forschungszentrum Hutou(kotou) Fortress

Hutou(kotou) Fortress

全目次

Link Free


-新着-
朝日新聞デジタル プレミアムA
ノモンハン 大戦の起点と終止符
ニュースデザイン協会(SND、本部・米国)
「ベスト・オブ・デジタル・デザイン」にて
2020年優秀賞(Award of Excellence)を受賞
― “世界のトップ100” に ─
朝日新聞社のリリース


読売新聞 企画「日本史アップデート」で「ノモンハン事件」特集
2020年12月22日
記事pdf


2019年日蒙共同学術調査の成果
朝日新聞デジタル “プレミアムA”企画
ノモンハン 大戦の起点と終止符
https://www.asahi.com/articles/ASN7W3K0HN6RPLZU001.html?iref=comtop_8_01
2020.8.1 始動

8月15日 朝日新聞 終戦記念日特集 大型企画
1面「草原 連なる世界戦の足跡」
2面「大陸の東端 欧州の行方決めた衝突」
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14587633.html

企画紹介 ブログ「市民」


--------------------------------------------------------
中国吉林省・通化市に「光建設計画」跡を発見
日本語版 [Japanese] 朝日新聞DIGITAL
敗戦直前の極秘計画「光建設」か 旧満州国の遺構を発見

https://www.asahi.com/articles/ASM32524BM32PTIL00S.html
英語版 [English] 朝日新聞DIGITAL
Tunnel remains in China show Japan’s intent to fight to the end
http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201903030039.html

--------------------------------------------------------
番組放映のお知らせ

NHKスペシャル 『ノモンハン 責任なき戦い』
初回放送
NHK総合 2018年8月15日(水)

午後7時30分~8時43分
■NHKスペシャルHP より番組ご案内
「79年前、モンゴル東部の大草原で、日ソ両軍が激戦を繰り広げたノモンハン事件。ソ連軍が大量投入した近代兵器を前に、日本は2万人に及ぶ死傷者を出した。作家・司馬遼太郎が「日本人であることが嫌になった」と作品化を断念した、この戦争。情報を軽視した楽観的な見通しや、物量より優先される精神主義など、太平洋戦争でも繰り返される“失敗の本質”が凝縮されていた。しかし軍は、現場の将校には自決を強要した一方で、作戦を主導した関東軍のエリート参謀たちはその後復帰させ、同じ失敗を重ねていった。
今回NHKは、ロシアで2時間に及ぶソ連軍の記録映像を発掘。4Kで精細にスキャンした映像を「AIによる自動カラー化技術」で鮮やかに着色し、戦場の実態を現代によみがえらせる。さらに軍の判断の経緯が証言された、100時間を超える陸軍幹部の肉声テープも入手。敗北はどのようにして隠され、失敗は繰り返されたのか。映像と証言から迫る。」

https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20180815

--------------------------------------------------------
「幻の大興安嶺要塞、築城部隊長の家族が初の証言」
朝日新聞 夕刊 社会面(2017.9.9)
2008年の日中共同学術調査で発見された
大興安嶺要塞の真相を追跡した歴史的スクープ
↓朝日新聞デジタル↓
http://digital.asahi.com/articles/ASK8T52FVK8TPTIL01L.html
関連記事

【特集】対日侵攻の残像 / 【写真特集】「戦火の残響」 

--------------------------------------------------------
虎頭要塞平和祈念資料館紹介 及び 2017年定期開館
2017年8月27日(日)10:00-17:00
山陽新聞 2017.8.24 朝刊1面 及び 8.16夕刊3面
山陽新聞コラム「滴一滴」 山陽新聞 記事.jpeg

----------------------------------------
ABC制作:TVドキュメンタリー
『満洲崩壊はここから始まった』

The Fall of Manchuria Began Here
~Undiscovered Secret Soviet Bases of the Mongorian plain~
国際映像祭でダブル受賞

→Page

1. 2017 アメリカ国際フィルム・ビデオ祭 [USIFVF]
50回記念大会 銀賞 [Silver Screen] 受賞

朝日放送によるニュース・リリース


2. ニューヨーク・フェスティバル賞 [NYF] 2017
視点部門 入賞


MOVIE
CEREMONY RECAP/
NEW YORK FESTIVAL World's Best TV & Films 2017 GALA

-----------------------------------------------------------
ドキュメンタリー『満洲崩壊はここから始まった~
モンゴルに眠るソ連軍秘密基地の謎~』
BS朝日全国放送

2016/12/13【火】23:00~23:54
----------------------------------------------------------------------------------------------

虎頭攻防戦を描く演劇作品が名古屋で上演
作品名:「ウスリーの赤き流れに」

満州事変勃発85周年企画
原案:岡崎哲夫 作・演出:ふじたあさや

2016年8月25日~28日まで名古屋市内にて上演[済み]

上演案内チラシ(表) (裏)
-------------
-----------------------------------------------------
写真展「長春 2006-2015」
7月26日~8月1日 新宿ニコンサロン /9月22日~28日 大阪ニコンサロン
筋野健太HP
写真集
-------------------------------------------------------------------

調査概要アップ
2016日蒙共同調査団 ロシア連邦調査報告【概要】
日蒙共同調査団:モンゴル防衛研究所 & 虎頭要塞日本側研究センター

最新報告【特集番組のご案内】

【ANNテレメンタリーで全国放映 
6月22日-放映済み-
TV特集『テレメンタリー2016 満州侵攻 71年目の真実』


朝日新聞 夕刊 全国版で報道6月7
『ラストエンペラー、極秘の護送 旧ソ連軍将校が記録』

http://livedoor.blogimg.jp/mmkmuse/imgs/e/c/eca254c3.jpg
英語版(English version)
http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201606200059.html

------------------------------------------------------------
【関西圏域版で再度、特集 -放映済み-
6月20日(月)夕方「キャスト」第一部 ABC-TV(Ch.6)

【関西圏域版-49分 -放映済み-】
番組名】満洲崩壊はここから始まった〜モンゴルに眠るソ連秘密基地の謎~
ABC Asahi  Специальная информационная программа.
"Отсюда начиналось падение Маньчжоу - го.
Загадка замороженных советских секретных военных баз в Монголии."
放映日:5月29日(日)午前4時1分~4時50分 制作:朝日放送

2015年 第ニ次世界大戦 終戦70周年記念
日蒙共同調査を実施
2015.4.24-5.8【報告&報道案内】

モンゴル防衛研究所 & 虎頭要塞日本側研究センター(日蒙共同調査団)

朝日新聞DIGITAL で特集スタート 2015.8.19-
【特集】対日侵攻の残像 / モンゴルの原野 対日侵攻の拠点に迫る

朝日新聞 朝刊及び夕刊で全国報道 №1 №2 №3 英語版 プレ連載5回

TV特集「テレメンタリー2015」 6月,12月 ANN系列全国放映


【新刊】
『21世紀の戦争論』半藤一利&佐藤優(文春新書)2016年5月20日初版に
モンゴル国内のソ連軍基地及び軍用鉄道の発見が紹介されました。
お求めはお近くの書店で

  
【新刊】
調査報告が「近現代東北アジア地域史研究会」の論文集に掲載されました。
ご注文は、東方書店 まで


『軍事考古学研究』第3号 2015年刊行
2009年ノモンハン事件70周年日蒙中三国共同調査の記録
2011年 中国・牡丹江化学兵器訓練場探査・発見報告
\1900-(送料・税込み)
ご注文は→kotou826
あっとまーくyahoo.co.jp

お知らせ~「軍事考古学研究」 第2号 2015.8.26刊行(非売品)
現在、
在庫切れにつき増刷を検討中。
ソ連軍制圧下の虎頭要塞41糎榴弾砲の写真等、希少情報掲載


基本報告書『虎頭要塞』2007年刊行在庫あり 
\3000-(送料・税込み)
ご注文は→kotou826
あっとまーくyahoo.co.jp
総目次ページ
--------------------------------------------------------------------------
ノモンハン戦跡日蒙共同調査団

ノモンハン事件75周年 & 第二次世界大戦 開戦75周年
2014年 ノモンハン事件 日蒙共同調査団
ノモンハン事件主戦場(フイ高地、バルシャガル高地、バインツァガン)、
及び、旧ソ連軍対日進攻作戦時(1945)の
モンゴル領内巨大後方陣地群を確定

(第12回 国境軍事要塞群 国際共同学術調査団)
 

2014.8.28 The Asahi Shimbun 朝日新聞英語版 -Social Affairs-
    
Details of former Soviet positions in Mongolia unveiled
   朝日新聞 2014.7.8 (火)朝刊 社会面(39面)記事 670KB
朝日新聞 DIGITAL web動画ニュース配信
--------------------------------------------------------------------------

2011年10月 中国・牡丹江で化学兵器実験場を発見
(第11回 国境軍事要塞群 学術調査団)朝日新聞本紙記事(2012.1.21)掲載
--------------------------------------------------------------------------

2009.5.2-5.11 ノモンハン事件 日本・モンゴル・中国 国際共同学術調査団 
& モンゴル国政府主催 国際学術シンポジウム(2009.8.24-27)参加報告

(朝日新聞本紙、及びインターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙での報道記録 紹介)

■ 朝日新聞社スライドショー ■

--------------------------------------------------------------------------

2008.10.13 新聞報道『戦跡調査 宇宙から /旧満州 衛星画像で新事実』 軍事考古学の最新手法ご紹介

2008.9~731研究国際シンポジウムで代表講演&日本人として初の731博物館内遺物実地計測

2008.8~第9回共同調査報告書 『軍事考古学研究』(153頁)発刊&新聞報道

2008.5~
第9回 国境軍事要塞群 日中共同学術調査が成功。(報道記事&調査報告)

2007.8~23年間の共同調査の集大成、学術調査基本報告書 『虎頭要塞』 (258頁)が全国で反響

JCR-KF
JAPANESE CENTER OF RESEARCHING KOTOU FORTRESS
虎頭要塞日本側研究センター


----------------------国境軍事要塞群 日中共同学術調査------------------
虎頭要塞共同調査活動 since.1985 / 虎頭要塞日中共同学術調査団 since.1993
第二次世界大戦日ソ戦時 ロシア側被弾損害調査団 since.2007
ソ満国境軍事要塞群及び埋没歴史記録発掘調査
----------------------------------------------------------------------

本部 : 〒700-0811 岡山市 北区 番町 1-10-30
E-mail: kotou826
あっとマークyahoo.co.jp 
(ご連絡は電子メールか郵便にてお願いします)

English version

Chinese version(準備中)
Copyright(C) JAPANESE CENTER OF RESEARCHING KOTOU  FORTRESS  All right Reserved
1-10-30 , Bancyo , Kita-ku , Okayama , 700-0811 , Japan

当センターは不偏不党、政治的中立を原則に、
全国の戦争体験者・遺族・研究者・一般市民により構成される軍事遺跡及び歴史・文化研究の非営利・非政府組織です。
当サイトの文章及び図画等、無断複製・転載禁止。

当サイトの閲覧には Internet Explorer ver.5.0 以上をお勧め致します。